もしかしたら急性斜頸症候群かもしれません。

「何もしてないのに、なぜか首が痛い」

もしかしたらそれは急性斜頸症候群かもしれません。

急性斜頸症候群は、特定の原因なく生じ、片側性のこわばりと痛みを伴います。

一般的に「こうしたら起こる」というものはありませんが、トレーニングの世界では、上半身の強いストレングストレーニングにより、激しく使用された筋群の頚椎への付着部位に捻挫を生じ、翌朝頃に斜頸が生ずることがあります。

朝目覚めると、首が凝っていたり、徐々に首や痛みが増すような感覚を頸部に感じ、痛みのある側への動き、特に回旋や側屈が制限されると考えられます。

もし問題が上位頸椎にある場合は、伸展が屈曲よりも障害され、下位頸椎では逆になります。

通常では、肩や神経のある場所を超えて痛みが放散することはなく、このことにより症状の原因が神経由来のものよりも軟部組織の機械的衝突によるものであることが伺えます。

また、慢性的な肩、頸椎、上位胸椎の姿勢不良と併存していることがあり、急性斜頸自体は自然治癒するごく短期的なものですが、その原因はきわめて長期的なものであると考えたほうが良さそうです。

治療のためには、治療すべき側を注意深く評価する必要があります。

どのような動きが最も制限されているかをチェックし、どの療法が適応でどの療法は禁忌なのかを見定める必要があるでしょう。

関連記事

  1. 減量やケガの際のタンパク質摂取

  2. 温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

  3. プライオメトリクスによる障害予防

  4. 原始反射と意志的運動

  5. 「筋小胞体の機能低下による筋疲労」について

  6. IGF-1と筋肥大の関係

カテゴリー一覧

    おすすめ記事