プライオメトリクスによる障害予防

プライオメトリクスはパフォーマンス向上のトレーニングとして大いに効果をもたらしますが、障害予防にも有益な効果をもたらすと言われています。

実際、プライオメトリクストレーニングを実施したあと、運動競技中の傷害発生率が低下することが研究により明らかにされています。

さらに骨量、筋の動員、筋力、さらに関節コントロールとバランスが改善することも明らかになっています。

適切なトレーニングテクニックとバイオメカニクスによるプライオメトリクスを通じて、神経筋系に素早いSSCの実行を体得させることで、動的な関節の安定性を改善し、活動中に関節をコントロールする能力を高めます。

これは、膝蓋大腿部痛症候群や前十字靭帯損傷など、膝の傷害リスク低下に役立つと言えます。

これらはプライオメトリクスの要素である、「運動における伸張性局面のコントロール」の強化であり、この伸張性のコントロールが傷害の危険性を低下させるというわけです。

つまり、プライオメトリクスが必ずしも全ての人間に有効というわけではなく、全ての傷害を予防するということでもありません。

プライメトリクスは比較的高度なトレーニングであるため、それが適切でない場合は伸張性トレーニングを行うことでその効果が見込めるでしょう。

関連記事

  1. 神経の可塑性について考える。

  2. 脊髄による運動制御

  3. ACLと大腿四頭筋の関係

  4. 筋線維の疲労と筋疲労

  5. 筋内出血と筋間出血

  6. 半月大腿靭帯について

カテゴリー一覧

    おすすめ記事