鵞足炎について

鵞足炎は、ランニングやジャンプ、切り返し動作などを繰り返すことにより起こります。

鵞足部に過度な負担が生じ、脛骨付着部やその近位に存在する滑液方に炎症が生じ、疼痛が引き起こされます。

原因としては、膝外反アライメント・下腿過外旋・鵞足に付着する筋群のタイトネスが関与しますが、特定の動作、特にKnee in Toe outによって惹起されていると言われています。

症状としては、付着部の炎症である場合、筋収縮や伸張に伴う疼痛が誘発される事が多いとされています。

そのため、鵞足に付着するそれぞれの筋に抵抗もしくは伸張を加えることで主な原因になっている筋の特定ができます。

関節包の炎症の場合には、鵞足とMCLとの間に生じる過度な摩擦が原因であるため、鵞足を圧迫した状態で膝関節を屈伸すると疼痛が誘発されます。

これらの治療としては、疼痛の原因になっている筋腱のリラクセーションや、膝関節外反や下腿外旋のようなアライメント不良の修正、鵞足部へのストレス軽減などに努めます。

Knee in Toe outは鵞足部への伸張ストレスが増加するため積極的に介入する必要あるでしょう。

荷重下の運動では、運動連鎖を考慮して患部外へのアプローチも重要で、足部のアライメント不良が問題となっている場合には、インソールの使用も有効と報告されています。

関連記事

  1. 神経の可塑性について考える。

  2. 高齢者の筋の再生能力が低下する原因はなにか

  3. 胸郭の動き

  4. 立位姿勢と姿勢による筋の関与

  5. 自動姿勢反応

  6. 筋膜細胞への直接的な伸張の効果

カテゴリー一覧

    おすすめ記事