むち打ち損傷について

むち打ちは交通事故による頸椎の軟部組織損傷として最も一般的なものです。

過屈曲によるむち打ちに比べ過伸展によるむち打ちのほうがより大きな損傷になるとされており、頭頸部屈筋、頸部内臓、その他頸椎前面の組織をかなりの力で強く引っ張ると同時に頚椎椎間関節や頚椎後部に過度な圧迫を加えます。

しかし、基本的にはヘッドレストによって頭部が支えられるため、過伸展は制限され、損傷は軽減されます。

過伸展損傷は、後方からの衝突により生じるものがほとんどであると言われています。

衝突と同時に頭頸部の短時間の急激な引っ込みが起こり、その後、長く過伸展にさらされます。

この短時間の引っ込みは頭部がヘッドレストにあたる前に終わるため、この間では頸椎下位・中位の前縦靭帯の損傷リスクが高まります。

歯突起に付着する翼状靭帯は、長い過伸展にさらされるとき、特に頭部が回転する際に損傷されやすく、この翼状靭帯は損傷部位のより近くに位置しています。

さらに、むち打ちによる強い過伸展は屈筋、特に頸長筋と頭長筋に過度の伸張をもたらします。

特に頸長筋では組織損傷を起こしうるレベルの伸張が加わるとされており、過伸展損傷を受けた人では頸長筋に圧痛と防御性スパズムがみられることが多いとされています。

また、胸鎖乳突筋、前斜角筋や頸部内臓への過度な引っ張りも圧痛を引き起こす原因となります。

頸長筋のスパズムは、正常な前彎を消失した過剰な頸椎直立化を起こしやすく、また僧帽筋上部線維によって起こる動作が困難となります。

これは頸長筋とほかの屈筋が痛みのために収縮ができない場合、僧帽筋上部線維が頸部の安定した付着を得られないため、肩甲帯の挙上筋として十分な働きが行えないからであるとされています。

関連記事

  1. 脳の自己組織化

  2. 筋内出血と筋間出血

  3. 筋膜による筋間連結

  4. 動作に対するアプローチ

  5. 皮膚への外部刺激とその反応

  6. 僧帽筋上部線維の筋力低下

カテゴリー一覧

    おすすめ記事