トレーナーによる、トレーナーのためのコース。

このコースは、トレーナーに必要な身体評価学の理論と演習を行い、3ヶ月で習得するカリキュラムとなっています。
我々にとってどのトレーニングをどの状況で何の為に行うかというプランニングは、重要事項だといえます。
その準備段階でもある身体の評価は、病気における医師の診断のようなものです。
細かい身体の静的評価や動的評価を行った上でのトレーニングと、何も考えない闇雲なトレーニングとでは、その効果が異なります。
そのためこのコースでは、機能的な動作に必要な知識や評価法、実際のトレーニング処方などを中心に行います。
数ある評価法の中でも信頼性の高い評価法、フィジオ福岡独自の評価体系のBBAの理論と実践なども一緒に学んでいきましょう。

評価にはじまり、評価におわる。

トレーニングには必ず「はじまり」と「おわり」があります。そのため組み立てには、「基準」と「目的」をもつことが重要となります。基準がなければはじまらず、目的がなければおわりません。いわばこれらは、道標のようなものなのです。我々はクライアントのニーズに対して明確に処方しなければなりません。身体評価はそのための準備、つまり道標を立てるということです。その準備ができるか、できないかでその結果は大きく異なるはずです。身体を細部にわたり評価する理論と技術を身に付け、明確で効果的なトレーニングプランを行いましょう。

料金・期間
全12回(1回2時間)
¥36,000~
受付19:00~21:00
完全予約制
(土曜・日曜のみ)

お問い合わせ
TEL 092-406-2572
info@lsta.jp

お問い合わせフォームへ